このページの本文へ移動
トップページサービス案内 > データセンターサービス

データセンターサービス

高レベルの耐災害・耐障害性とセキュリティ 最新鋭のセキュアデータセンター サービス開始

データセンター完成イメージ

コンセプト

最新の設備と高品質な運用体制を基盤に、全国の公共機関・法人向けクラウドサービス拠点として「安全」「安心」「高品質」なデータセンターサービスを提供をします。

特徴(1) 整備されたネットワーク環境

  • 異ルート構成で冗長化された専用光ファイバーによる接続環境
  • 回線事業者指定無し(キャリアフリー)

特徴(2) 業界最新基準に準拠

  • 日本データセンター協会(JDCC)「データセンターファシリティスタンダードVer.2.1」のティア4(一部ティア3)の「基準項目」及び「推奨項目」に準拠。

特徴(3) LGWAN-ASP対応データセンター

  • LGWAN-ASPファシリティサービス・通信サービス提供事業者として登録

施設概要

敷地面積 1984m2
延床面積 468m2
マシン室面積 154m2
ラック総数 50ラック
床荷重 1000kg/m2

LGWAN-ASP登録サービス

ファシリティサービス ASPコード:A803338
MECデータセンターファシリティサービス
通信サービス ASPコード:A802192
MECデータセンター通信サービス

ロケーション

MEC新データセンターは三重県松阪市郊外に位置しており、災害に強く、県内外からアクセスしやすい立地となります。

 

交通アクセス

松阪駅から車で15分、最寄りのインターチェンジからも15分の好立地。名古屋・大阪からのアクセスも良好です。

  • 最寄りの松阪駅から車で15分
  • 主要国道から数分の好アクセス

災害リスク

松阪市内の沿岸部より10km以上・海抜34mに位置し、地震発生時の津波・液状化等のリスクが低いロケーションです。

  • 地盤は強固な花崗岩
  • 標高34m
  • 沿岸部から10km以上内陸

 

 

※平成25年度 三重県地震被害想定(三重県防災対策部調べ)

ファシリティ

データセンター専用の自社建屋のため、冗長化された電源設備と万全のセキュリティ体制で、重要な情報資産をお守りします。

受電回線・電源経路

本線・予備線の異なる変電所からの2系統受電と、電源系統の完全冗長化を実現

UPS(無停電電源装置)

N+1の冗長化構成で、ノンストップ電源の確保を実現

自家発電機

停電時も、無給油で24時間以上の連続運転が可能

免震設備

サーバルームには、地震による揺れを吸収する床免震設備を採用

消火設備

人体、サーバ等のITシステムに影響が少ないN2ガス消火設備を採用

空調設備

N+1構成のパッケージ空調を採用し冗長化を実現
 

セキュリティ

24時間365日の監視体制

複数台の監視カメラを設置し、 24時間365日の監視を実施

入退室管理

ICカード+生体認証および、有人受付での対面認証による入退室管理を実施

データセンター仕様

建屋 延床面積 468m2(サーバ室内173m2
用途 DC専用設計
竣工年月 2016年4月
サーバ室 最大ラック数 50ラック
ラック電源容量 標準定格3kVA
床耐荷重 1,000kg/m2
消火設備 N2ガス
セキュリティ 入退館管理 ICカードによる入退室管理
サーバ室入室 ICカード+指静脈認証による入退室管理(共連れ防止機能あり)
監視カメラ 24H常時録画
電気設備 受電方式 本線予備電源線方式 (異なる変電所より受電)
自家発電装置 24時間以上連続稼働
UPS N+1の冗長構成
空調設備 空調設備 PAC(N+1)
通信設備 通信引込 2系統(異ルート)
対応キャリア キャリアフリー(CATV、NTT他)
設備運用 監視体制 24時間365日監視

 

ページトップへ戻る