このページの本文へ移動

特長

リビジョンアップによるパッケージ機能強化

導入ユーザ様のニーズやご指摘を確認し、機能追加や機能改善を「リビジョンアップ」として定期的な機能追加・改善を実施します。

リビジョンアップ

機能な業務ポータル、事務の効率化に寄与する豊富な機能

高機能な業務ポータル、豊富なエラーチェック & 便利な入力支援機能、さらに無作為抽出も 可能なEUC機能や、異動入力画面の一時保存機能など、豊富な機能で自治体様の窓口業務を強力にバックアップします。

業務ポータル画面 住民票発行画面
業務ポータル画面 住民票発行画面

「使いやすい」窓口連携(総合窓口)機能を実装

住基の異動に伴い必要となる資格処理をシステムが自動で判断し、初任者にもわかりやすい対話式のインターフェイスでナビゲート。
モレなく迅速に、担当者個人の経験や知識に依存しない均質な総合窓口サービスを実現します。

総合窓口サービス

選べる導入形態

お客様のニーズに合わせて、導入形態をクラウド型/オンプレミス(自庁設置)型よりお選びいただけます。
弊社の地域クラウドサービスは、ご利用団体ごとに独立したシステム環境をご提供する「シングルテナントサービス」スタイルを採択しており、自治体業務に必要なセキュリティを確保しています。

シングルテナントサービス

プリフィクスメニューによる、カスタマイズコスト削減

Mscope/e-ADWORLD2では、導入時のコスト増加を招く原因であり、導入後もスポット的に発生するコストである「カスタマイズ経費」に着目し、これら低減のため「プリフィクスメニュ-(機能のパラメータ化-必要に応じて切替)」を採用しています。

柔軟なアウトソーシングでコスト低減

当初賦課などの大量印刷処理はもちろん、その規模に関わらず処理単位にアウトソーシングすることが可能です。 
業務特性(印刷量、封入封緘の有無、時間的余裕 など)に合わせた処理方法を選択でき、より合理的なコスト管理を実現します。

ページトップへ戻る