「ふるさと納税管理システム」がLGWAN-ASPアプリケーション及びコンテンツサービスとして登録されました

 弊社の【ふるさと納税管理システム】が、地方公共団体情報システム機構(J-LIS) のLGWAN-ASPサービス(※)登録審査において、アプリケーション及びコンテンツサービスとして登録されました。今後も、セキュアな環境でお客様のニーズに寄り沿ったアプリケーションを多数展開していく予定です。

LGWAN-ASP登録内容
アプリケーション及び
コンテンツサービス
A801331
MECふるさと納税管理システム

※LGWAN-ASPサービスは、地方公共団体間の行政専用ネットワークである『LGWAN(総合行政ネットワーク:Local Government Wide Area Network)』を介して各種行政事務サービスを提供するもので、そのサービス提供事業者はLGWAN運営主体である地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が行う資格審査により登録されています。

ふるさと納税管理システムについてはこちら

新データセンターが、LGWAN-ASPにおける「ホスティングサービス提供事業者」として登録されました

 弊社のデータセンターが、地方公共団体情報システム機構(J-LIS) が行っているLGWAN-ASPサービス(※)登録審査において、「ホスティングサービス」の提供事業者として登録されました。今後も、堅牢で安全なIDCをベースとしたLGWAN-ASPサービスを多数展開していく予定です。

LGWAN-ASP登録内容
ホスティングサービス A820008
MECホスティングサービス

※LGWAN-ASPサービスは、地方公共団体間の行政専用ネットワークである『LGWAN(総合行政ネットワーク:Local Government Wide Area Network)』を介して各種行政事務サービスを提供するもので、そのサービス提供事業者はLGWAN運営主体である地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が行う資格審査により登録されています。

弊社データセンターについてはこちら

「ふるさと納税管理システム」を掲載しました。

昨年リリースした『ふるさと納税管理システム』が、ユーザーインターフェイスを一新し、さらに機能性も向上しバージョンアップしました。
業務の流れに沿ったポータルメニューにより、「ふるさと納税の関連事務」をトータルにサポートします。

詳しくはこちらをご覧ください。

新データセンターが、LGWAN-ASPにおける「ファシリティサービス提供事業者」として登録されました

弊社の新データセンターが、地方公共団体情報システム機構(J-LIS) が行っているLGWAN-ASPサービス(※)登録審査において、「ファシリティサービス」の提供事業者として登録されました。今後は、堅牢で安全なIDCをベースとしたLGWAN-ASPサービスを多数展開していく予定です。

LGWAN-ASP登録内容
ファシリティサービス A803338
MECデータセンターファシリティサービス
通信サービス A802192
MECデータセンター通信サービス

※LGWAN-ASPサービスは、地方公共団体間の行政専用ネットワークである『LGWAN(総合行政ネットワーク:Local Government Wide Area Network)』を介して各種行政事務サービスを提供するもので、そのサービス提供事業者はLGWAN運営主体である地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が行う資格審査により登録されています。

弊社データセンターについてはこちら

名張総合サービスが「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」の優秀賞を受賞しました

一般財団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」において、弊社の新事業所「名張総合サービス」の取り組みが評価され、名張市様と共に優秀賞を受賞させていただきました。

「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」は、全国で展開されている次世代に向けたレジリエンス社会構築への取り組みを発掘、評価、表彰する制度として、2014年11月に創設されました。
 強くてしなやかな国、地域、人づくりに資する活動や、技術・製品開発などに取り組む団体を表彰するもので、今年が2回目の表彰式となります。

今回受賞した「名張総合サービス」は、「有事の際、市の指定避難場所である隣接する体育館に対し、弊社自家発電機から電力供給ができる仕組み」と「廃校跡地というロケーションに事業展開し、地元に雇用を生み出す取り組み」が評価されたのだと伺っております。
 このたびの受賞を励みに、今後も総合情報サービス企業として更なる地域発展の一翼を担えるよう、新たな挑戦を続けてまいります。

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会HP

新データセンターがサービス開始いたします。

2016年4月より、新データセンターがサービス開始いたします。
JDCC(日本データセンター協会)が制定したデータセンターファシリティスタンダードの稼働信頼性を示す基準「ティア4(一部ティア3)」に準拠。
MEC新データセンターは「高レベルの耐災害・障害性とセキュリティを徹底追求した最新鋭のセキュアデータセンター」をコンセプトに、安全・安心・高品質なサービスを提供してまいります。

詳しくはこちらをご覧ください。

「みえリーディング産業展2015」に出展します。

平成27年11月20日(金)、 21日(土)に行われる、「みえリーディング産業展2015」に、下記の内容で出展します。
弊社ブースへの、多数のご来場をお待ちしております。

みえリーディング産業展2015

開催日

平成27年11月20日(金)、 21日(土)

会場

四日市ドーム

出展内容

  1. 新データセンター
  2. 名張総合サービス 通販サイト「隠市(https://japanproduct.jp/)
  3. 木材業種向けシステム「きこりくん」他

 

出展内容の詳細につきましては、添付のチラシをご覧ください。

閉校した小学校を利活用した新サービス拠点 名張総合サービス がオープンします。

「名張総合サービス(NSS)」が、平成27年5月9日より営業を開始いたします。

名張市内の閉校した小学校を利活用した同事業所では、データセンターをはじめとした多数の事業を展開予定です。
データセンター事業では、教室に免震工事を施し耐震性を高めデータセンターには官公庁、民間の大切なデータやシステムをお預かりします。
万が一の災害時にも事業を継続できるよう発電機等を設置し、市の避難場所に指定されている敷地内体育館への電力供給も想定しています。
その他の事業も順次展開し、新たな挑戦を続けてまいります。

【開所日】 
平成27年5月9日(土)

【事業内容】
■データセンター事業
■アウトソーシング事業
■人材派遣事業
■ネット通信販売事業